子供に英語をペラペラにするには環境作り大事

子供に英語をペラペラにさせる環境とは?

1. 子供に英語をペラペラにさせるのに必要な環境

子どもだけではなくて大人にも当てはまることですが、英語は日常生活に使うことができる言語。

なので、「覚えなければいけない」とか「勉強の時間」などと構えたり気負いしてしまうと、なかなか頭に入ってきません。

子供の頭はスポンジのように何でも吸収できるので、日常生活の中で英語を話す時間を確保することが、英語をペラペラにするコツです。

そういうのは簡単ですが・・・

私が英語を最初に習ったのは年長(6歳)のとき。

週に1回90分、ヤマハの英語教室で学んでいました。

かといって、ペラペラになれたわけではありませんでした。

そして、高校留学を経験し、一人の男性ノーマンと出会いました。

ノーマンはなんと8か国語の言語を話す8リンガル。

特に、英語とフランス語はスペイン語が得意でした。

私が通っていたアメリカの高校は、いろんな国出身の生徒がおり、彼がいろんな言語で会話している姿をよく見かけたのです。

どうしてそんなに流暢に多国語を喋れるのか?と彼に聞いてみたら、「父が外交官なんだ。その国にいる間は、その国の言葉を使うのがうちのオキテでね。」

じゃあ引っ越しのたびに大変だね?と言ったら、

ノーマン「全然。結構おもしろいよ。」

私「何がそんなに面白いの?仲良くなった友だちとは離れ離れになるし、言葉だってわからないのに。」

ノーマン「そこが楽しいんだよ。別れは確かにつらいけど。新しい出会いには発見がある。世界が広がる。自分が思っている以上にね。」

彼の発言は衝撃的でしたね。カルチャーショック?というか、育ちの違い、人生経験値の違いを感じました。

 

 

2.英語をペラペラに話せる環境作りは、英語を話す場に身を置くことが一番の近道。

 

必ずしも皆んな、ノーマンのように親が外交官ではありませんので・・・

実践的なのは、1部屋を英語を使う場所にすることです。

お風呂場でもキッチンでもいい。その部屋に入ったら、英語だけ使うルールにします。

1日に1時間は英語部屋で遊ぶ習慣を持ちます。

そのためには親の英語力が少なからず求められますが。

難しいことを覚えさせようとしても大変だし、子供は楽しくないと嫌がりますので、英語のテレビを一緒に見たり、教材などを使って遊びの要素を取り入れながら学べる方法がおすすめです。

 

 

3.週一の塾やオンライン学習では英語が身に付かない理由

子供の英語をペラペラにしたい時、きっと最初に思いつくのは英会話塾とかオンライン学習だと思います。

確かに、お教室は英語力を上げる大きな助けになります。間違いありません。

しかし、それをどんな風に活用するかによって、身につき方が大きく変わります。

親と子供が一緒に英語を楽しく使って遊びとして覚えるなら、子供は驚くほどのスピードで英語を吸収します。

子供にとっては、大好きな親と一緒に遊べる時間に英語というツールを使うため、楽しく遊びたいから脳が積極的に覚えてくれるわけです。

そのため、週一の塾やオンライン学習を利用する場合には、子供任せにするのはNG。

親も一緒に内容をおさらいしながら楽しく遊び、そして日常生活の中で覚えた英会話をどんどん取り入れる習慣をつけることが大切です。