赤ちゃんの聞き流しにおすすめの英語の歌

赤ちゃんへ英語の歌の聞き流しに効果があった曲【意外】

1. 赤ちゃんの英語の聞き流し効果

 

妊娠7ヶ月。

 

お腹の中にいる赤ちゃんは、『お母さんの声』や『外の音』が聞こえるようになります。

 

日数が経つにつれ、だんだん音に敏感になります。

 

音に反応して、キックしたり、うねうねしたり。

 

コミュニケーションが取れた気がして嬉しいんですよね。

 

特に、胎教にはモーツァルトが良いのは有名です。

 

私もモーツァルトやショッパンなどクラシック音楽を聞かせたときは、お腹が柔らかく元気に動いていて、反応がよかったです。

 

【赤ちゃんの聞き流し効果】をまとめると、

  • ママが音楽でリラックスすると、お腹の中の赤ちゃんとともに穏やかに過ごせ、安産になりやすい
  • 聞き流しさせて生まれてきた赤ちゃんも、情緒が安定しているので、無駄泣きが少ない

 

つまり、精神的な効果が大きいということです。

 

あなたは、「胎児や生まれてきた赤ちゃんに英語の歌を聞き流しをした場合、その歌が赤ちゃんの深層心理にインプットされて、その後もずっと覚えている」と聞いたことがありませんか?

 

私自身、妊娠中に英語の曲を聞き流したり歌ったりしており、心が穏やかになってリラックスしていたんですよね。

 

ある日、妊娠中に一番よく聞いていたQueenの曲『Heaven for Everyone』をひさびさに流したんですよ。

 

そうしたら、子どもが「これ好き!」と言って、歌い始めたのです。

 

それをきっかけに、「ああ、胎児にも聞き流し効果があるのだな。」と実感しました。

 

この曲はQueenにしては比較的落ち着いている曲ですが、ロックは子どもにはちょっと激しいので(汗)

 

『ママが好きな英語の歌』も良いですが、赤ちゃんがお腹にいる時は、『生まれてからでも英語を楽しめる曲』を使うのがおすすめです。

 

 

2.赤ちゃんの聞き流しにおすすめの歌

 

赤ちゃんの聞き流しにおすすめの英語の歌を1つシェアしますね。

 

英語圏では古くから親しまれている「マザーグース」の曲です。

 

人気があるので、赤ちゃん向けの歌ならCDやDVD、動画でもたくさん見つけることができます。

 

その中でも聞き流しにおすすめなのは、❝ Little Baby Bam ❞ 。

英語のリズムやイントネーションが自然に身につくので、聞き流しの歌として使えます。

 

また、子どもがもう少し大きくなって、視力が上がると、DVDやAmazonプライムなど動画を見せる機会も増えると思います。

 

そんなときは、聞き流していた曲の動画を見せるのがベストです。

 

子どもが動画を見た瞬間、「今まで聞き流していた音」と「映像」とが脳内リンクするのです。

 

 

我が家でも、4歳の娘に❝ Little Baby Bam ❞ を見せるようになってから、夏音ちゃんと同じ変化があり・・・耳を疑いました。(今までずっと私が英語部屋でやってきた苦労が…。でも結果オーライです。)

 

一つ一つのキャラクターがはっきり大きく描かれているので、子どもたちは食い入るように観ていたんですよね。その効果でしょうか?

 

とにかく❝ Little Baby Bam ❞ は、鮮やかな色が幼児の脳を刺激し、英語が楽しいと思わせてくれます。

 

子供と一緒に見て歌う教材としても優秀ですよ。

よかったら、試してみてくださいね。

関連記事

  1. ベビーダイアリー。赤ちゃんに贈る言葉を英語で書きたい。おすすめ文例集。

    赤ちゃんに贈る言葉を英語で伝えたい!文例集

  2. 子どもを英語好きにさせるシンプルな方法【人生も変わる】